持木能登町長ご挨拶

    能登町へようこそ

 日本海の遙か遠方に立山連峰を望むここ能登半島の地に、国内外から選手・監督の皆様、また日本プロテニス協会をはじめ、関係各位の方々をお迎えし、『JPTA能登国際女子オープンテニス2010』が今年も盛大に開催されますことは、このうえない喜びであり、町を挙げて心から歓迎申し上げます。

 さて、今年で4回目となります本大会ですが、私のモットーとする言葉に『他人と自分を比べるな、昨日の自分と比べよ』という言葉があります。この大会をただ単に各地で行われている大きな大会や華やかな大会と比較するのではなく、ここでしかできない能登町らしい特色のある大会になるよう、そして昨年よりも更にすばらしい大会になるよう努力をし、今年もまた能登へ来て良かったと、選手やギャラリーの皆様に思っていただけるような大会に育てて行きたいと考えています。

 選手の皆様におかれましては、日頃の練習の成果を遺憾なく発揮されるようお祈りするとともに、町民や観戦に来られた方々と交流の輪を広げて頂くことを期待しております。また来場いただいたすべての皆様が、この自然豊かな能登の地で思う存分テニスを満喫していただき、思い出に残る大会となりますよう心より願っております。

 終わりになりますが、本大会の開催にあたり、ご尽力頂きました日本プロテニス協会をはじめ、実行委員会の皆様並びに大会役員の皆様に心から感謝と敬意を表しますとともに、選手の皆様のご健闘と大会のご成功を心よりお祈り申し上げます。

                                            石川県能登町長 持 木  一 茂